バービーとケンみたいになれないっ。

e0170687_1817999.gif

皆様のところには、明日お邪魔します~。今日は、夜9時に帰ってきたので、時間がなくなってしまいました。

ケンとバービーのカップルは有名よね。
今年の3月に、シャネルのデザイナーとしても有名なカール.ラガーフェルトがバービー人形誕生50周年を祝いバービーとケンをドレスアップしたそうです。この素敵な男の人は誰?↓ ちょっと口が曲がっているけど。。
e0170687_1383394.jpg


バービーとケン・カーソン(カーソンっていうラストネームだったんだ!)が、最初に出会ったのは1961年、テレビコマーシャルの中。二人は20世紀最高の理想的ハリウッドカップルとしてデビュー。その43年間続いた恋人関係を白紙に戻したのは、2004年2月14日のこと。Mattel(マテル)社の同カップルのビジネスマネージャーであるRussell Arons氏は当時、こんな風にその破局の理由を説明しました。

「バービーとケンは4作目の映画「The Princess and the Pauper」を撮り終えたばかり。今は互いに距離を置きたいようです」と。

「別れの原因は、ケンの結婚に対する煮え切らない態度にある。世界中で売られているブライダルバービーは、彼女自身の幻想に過ぎなかったのだ・・」。

ケン、煮え切らなかったのね~~。ケンも、結婚できない男、だったんだ。

その後、製造元のマテル社の意向により2人は復縁することになったそうです。
ケンと別れていた2年の間、サーファーガールとなりカリフォルニアの海で波乗りに明け暮れていたバービーは、ブレインと言うブギーボード・サーファーのオーストラリア人と付き合っていたらしい。もてるね~、バービー。

ケンのファッションと髪型は、歴史とともに変換しています。探検家・野球選手・サラリーマン・バスケット選手、流行のファッションに身を包んだり、インラインスケートに挑戦したりとか、ディスコで踊ったりとか。。忙しすぎ。。ケン、2000年は、かなり今風。。
e0170687_13425483.jpg

e0170687_13431633.jpg

e0170687_13441083.jpg

e0170687_13443272.jpg


イギリスに、バービー好きが高じて、整形を重ねてバービーになりきった女性もいるのよ。。。彼女は、“世界で最も整形外科で美しくなった女性"として、ギネスブックにも出てます。そんな彼女の恋人も整形をして恋人ケンになったらしい。

2人が整形に費やした金額は3,000万円以上になるらしいよ。。。

++++++++++++++++++
現実生活では、わたしは、バービーみたいに、いつも可愛く微笑んでいられない

昨晩、ケンに対して意地悪だった私。発端は些細なこと。上のお兄ちゃんが、スカイライトをつけてから、上の部屋がすっかり気に入ったらしく、3-4日前から上の部屋を勝手に使い出した。一言の断りもなく、当然のように。それが、わたしのカンに触った。 わたしとケンが使っているスペースだったんですけれど。普段は使っていないから、上のお兄ちゃんが使ってもかまわないんだけどね。

わたしは、自分のスペースが侵されたような気がしたんです。ケンから、上のお兄ちゃんに話して、上の部屋は使わないように言ってもらいました。(大人げないけど。その部屋は、モナ猫ちゃんとの思い出のスペースだったんです)

思いましたよ、子供たちはいい子に育って、性格もいいのに。。こうやって、ちょっとしたことで切れちゃうのは、やっぱり、私がわがままなんだろうなあって。一人でずっと”優雅に暮らしてきた、独身貴族だった私”にとって、ティーネージャーの子供とルームメートになるのは、苦労があるんです。

これも、人生勉強。一人っ子で甘やかされた私が、この年になって学んでます。。


e0170687_814473.gif

e0170687_824421.gif

お帰りの際は、ポチお願いします~、ランキングは厳しいよねぇ~。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
Commented by JUDY子 at 2009-05-21 16:34 x
70年代のケンはどこぞのおっさん??? ギトギトで超ドン引きです〜。80年も90年もやっぱりイヤで、許せるのは2000年のくらいかな〜! それにしてもお勉強になります。

悠々自適、シングルの私には、ティーンエイジャーとの生活は想像つかないけど、食料の事でイラッとするのはイヤだから、もう軍隊に炊き出しが出来るくらい常に大量に食料を確保しておくとか?!
ビスケットも今度は1パッケージでなく、5パッケージくらい買っておくとか?! 

がんばれ、がんばれ! 
Commented by みかん at 2009-05-21 16:52 x
はじめまして、同じような経験があるのでモナちゃんさんの気持ちが痛いほどわかります。私は女の子2人でしたが、同じ位の年でした。
本当にいろいろあって、夫に言ってもいつも娘の味方でした。
バービーちゃんと同じ煮え切らない態度=優しい人なので強く言えない

私もフルタイムで働いていたので、自分だけの貯金をしっかり確保した。
娘達は手ごわいので、冷蔵庫の物はイニシャルを記入した。
夜9時以降は私の時間にした。タンスに鍵をかけて勝手に服を持ち出されないようにした。などの対策が自分を救い今の幸福があると思います。
  

モナちゃんさん充分頑張っているよ。これ以上頑張らないでほしいです。
ケンさんには、言い続けてください。理解できなくてもいいのでその時の正直な気持ちを伝えてほしいです。
うちも喧嘩は娘達のことで、それ以外はラブラブでしたよ。それも同じね。
モナちゃんさんは体にだけは気をつけてね。
Commented by lulu at 2009-05-22 10:34 x
すごい、バービーとケンにそんなヒストリーがあったなんて・・・
女の子の憧れの的のバービー、でもその話が現実すぎておもしろすぎです。ただの人形、なんてもう言えません。

わかりますよ~モナちゃんさん・・・
特に今まで自立していて、一人暮らしで、好きな時間に好きなことができたからこそ、辛いのですよね。私もそれに慣れるのに、一番苦労しています。モナちゃんさんは、その快適生活にいきなりティーンエイジャーが、参加してきたのですもの。そりゃ、戸惑いますよ。

でもモナちゃんさん、皆さんがおっしゃるように、とてもがんばっていると思います。ケンさんにそのモナちゃんさんのがんばり、努力を私の口からも、伝えたいくらいです。
Commented by midasjenny at 2009-05-22 12:31 x
凄く面白かった♪バービーとケンの話。こんな背景があるとは全然知らなかったわ。ケンと別れていた間にオーストラリア人の、、の下りに爆笑。まぁ、メーカーも良く考えるもんだわね♪ モナちゃんにとっては、愛するケンと同じ名前だし、気になるのも無理ないわ(笑)。でも、私、子供の頃はビッチな顔のバービーよりも優しい顔のタミーちゃんが好きだったの。あ、年がバレる?(爆)

ボーイズとの事。モナちゃんのイライラも分かる、、。こんなの全然アドバイスにも何にもならないけど、まだ、ボーイズで良かったなぁと私は思ったわ。もし、女の子だったら、、、、この年頃の女の子は、まぁ大変だわよ(と、思う、、)。父親は女の子には又特別な感情があるみたいだしぃ、、。ケンは会ってみて本当に性格の良い人だと分かる人だし、彼が育てたボーイズ達もモナちゃんが言うように、「いい子に育って、性格もいい」子達だと思います。もっと彼らと直接話してみるアプローチを取るのも一案かなぁと思うのだけど、、、。どうなんだろう、、。でも、モナちゃん、本当に頑張っているよ。凄いと思う。
Commented by 愛されている妻 at 2009-05-22 21:59 x
私、バービーとケンの話、全然知らなかったわ〜。
なぜ?どうして??
年齢のせい??
イギリス人女性の話は多分テレビで見たと思う。

子供たちにとっては自分の家だからプライベートな個室でない限り入ってもいい!ってことなんでしょうけど、モナちゃんが嫌なら入らないでという権利はある!!!
ちょっと話しずれるけど、スカイライトを付けたらすごく居心地がよくなったのね♪
子供たちの振る舞い、一人っ子のモナちゃんにはビックリ?!
私は弟がそんな感じだったから。
冷蔵庫に大好きなメロンゼリーを食べずに取って置いたら、食われたし〜〜〜!!!(いまだに根に持ってる。笑)
兄弟同士でもサバイバルなのよ。
ここは量を用意するしかないかも。
皆さんおっしゃるように、頑張ってるよモナちゃん!!!
えらいよモナちゃん!!!
たくさんラブ♡♡♡♡♡
Commented by miyanao117 at 2009-05-24 02:06
モナちゃんから、Judyちゃんへ~
そうそう、ケンの歴史がわかるでしょ。時代を反映して、ケンの髪型・ファッションも変換していってるよん。

ティーンエイジャーとの生活は、たしかに興味深い。っていうか、自分が一人っ子で育ったので、人と暮らすのって大変。食べ物の件は、一例だけど、つまり、人のことを考えるような年頃じゃないので、かなりいらっときます。大人と暮らしているではないので、腹をたてても仕方ないけどね、かなり疲れるのよー。
Commented by miyanao117 at 2009-05-24 02:17
モナちゃんから、みかんさんへ~
はじめまして。素敵なコメント、ほんとにありがとうございます!同じような経験をされていたんですね。。女のこだと手ごわいかも。。わたしも、男の子二人なので、まだまだ、口は聞かなくても、やりやすいのかもね。女の子だとお父さんをはさんで、いろいろ嫉妬とかあるだろうし。ご主人も、娘さんのサイドにつかれたら、辛いですよね~。

そうか、フルタイムで働いていたので、自分だけの貯金をしっかり確保。。ふむふむ。わたしもです。笑。たんすに鍵・食べ物にイニシャル。。いろいろ対策を練られたんですね。。でも、わかりますよ。そうじゃないと、自分がストレスたまるからね。自分のことは自分で守る、の精神ですよね。
でも、ほんとですよ、子供のことがなかったら、(元嫁のことも)わたしもこんなに、いらってしないのにな~。今は、お子さんも自立されて、お二人の時間を楽しんでいらっしゃるんでしょうか?また、遊びにいらしてくださいね。ほんとに素敵なメッセ、嬉しかったです。
Commented by miyanao117 at 2009-05-24 02:21
モナちゃんから、Luluちゃんへ~
そうなの、バービーとケンにそんなヒストリーが。。わたしも、インターネットリサーチ(えらそう)をするまで知らなかったのよ。バービーは、ある意味で、アメリカの文化の象徴だものね。リカチャン人形も、バービーをまねたものだものね。

そうそう、わがままになっているの、特に今まで自立していて、一人暮らしで、好きな時間に好きなことができた。その通りです。やっぱり、あきらめなくてはいけないものもたくさんあったし。あとは、人と暮らすことが、結構大変なんだってことを、ケンはわからないんだと思います。

Luluちゃん、ありがとう、はげましのお言葉。わたしも、これが試練というか、自分が今まで、好きに暮らしてきて、犠牲になるっていうのをしてこなかったので(一人っ子だし)ここらで、人生勉強です。。
Commented by miyanao117 at 2009-05-24 02:28
モナちゃんから、ジェニーちゃんへ~
バービーとケンの話。深いのよお、実は。そうそう、メーカーも、自分たちの売り上げがかかっているから、結構、バービーとケンをくっつけたり、離したり、忙しい世ねえ~。優しい顔のタミーちゃんって、誰?わたし、マジでわからないわ。(世代は一緒なのにね、爆)ジェニーちゃん、物知っているからね。

ジェニーちゃん、はげましありがとう。ボーイズだから、Easy-goingだと思うよ。家の場合は、子供が不良しているわけでもなし、いい子達だから、ラッキーなケースなんだろうけどね。それでも、こんなにいらってくるってことは、子供が反抗して、口も聞かないような家庭だったら、どうなっているんだろうね。わたしも、もっと彼らと話をすればいいんだよね。なんか、言葉の壁もあるし、子供に気を使いすぎているんだろうね。。また愚痴ることもあると思うけど、聞いてくれてありがとう。
Commented by miyanao117 at 2009-05-24 02:32
モナちゃんから、愛されている妻ちゃまへ~
そうなの、バービーとケンの話、知らなかったの?年齢のせい??って、妻ちゃん、わたしが知っていると言うことは、妻ちゃんも絶対知っているはずよ、笑。
このイギリス女性の顔が見てみたい~~~、バービーに似ていた?

そうそう、スカイライトを付けたらすごく居心地がよくなったの、笑。でも、たぶん、上のお兄ちゃんは、悪気は全然なかったとは思います。人に気を使うってことができない子だから。(年が17歳なら仕方ないよね)

冷蔵庫に大好きなメロンゼリーを取って置いたら、食われた!わたしだったら、一生呪っていると思うわ。大爆。

ほんと、一人っ子で育ってきたから、もまれて育ってないっていうのも、原因よね。私は、親にたいして、ものすごくわがままを言ってきたから、ここらで、人生勉強しろってことよ、きっと。。人生、うまくできているもので、因果応報です。(仏法だよね)ラブ、思い切り返しちゃう~~、ありがとう、妻ちゃん。
Commented by germanmed at 2009-05-29 01:34
こんにちは。早速遊びに来ました。
「なさぬ仲」だからと言うより、躾の一番大事な部分がとっくに終わってしまって、自我人格もかなり育ってしまってから・・・だからきついですよね。
余り我慢せずに、矢張りここだけは越えて欲しくないという一線は、本人達にもはっきり言ってみてもいいのではないでしょうか。

同レベルで、「うあー!!!あたしのビスケットが無いー!食べようと思って楽しみにしていたのにー!!!」と悲痛な叫びを上げてみたら、もしかしたら次に買って来てくれたりして・・・?
Commented by miyanao117 at 2009-05-29 12:42
モナちゃんから、Germanmedしゃまへ~
ありがとうございます!早速遊びにきてくださって、光栄です!! そうですね、きっと、わたしが言いたいことを言っていないから、いらいらするんでしょうね。わたしも、自分の相方には言いたい放題ですが(笑)自分に子供がいないせいもあって、気を使いすぎているんでしょうね。そうか、物事の捉え方をかえればいいんですよね。わたし、一人がいらいらしていても、全然助けにはならないですね。アドバイス、ありがとう!!わたしも、また遊びにいきますね。わたしの鍼の先生は、ドイツ人なんですよ。彼はシュトッとガルト出身です。
by miyanao117 | 2009-05-21 13:46 | ケンとのこと | Comments(12)

バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーズと”ドタバタで、愛に溢れた”生活を送っています。兄猫:桃太郎は、2010年12月1日、弟猫:楓は2010年12月6日に我が家の一員になりました。


by Miyanao117
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30