バレー、ムーラン・ルージュを観た

e0170687_1817999.gif

雨の降りしきる今晩はバレーの夜でした。わたしたちが観にいったのは、ロイヤル・ウィニペグ・バレー(RWB)ムーラン・ルージュ。バレー公演のあった場所は、The Centre for Performing Arts in Vancouver (Vancouver)。

ムーラン・ルージュっていうと、この光景ですよね。
e0170687_16451951.jpg

他は、映画ムーラン・ルージュを思い出しますね。↓ 綺麗でほれぼれする、二コル・キッドマンが主演。
e0170687_17162480.jpg

ロイヤル・ウィニペグ・バレーは、世界でも著名で、レベルの高いバレー団だということを知らなかった私。ケンは、ウィニペグの出身なのですが(バンクーバーには仕事の関係で、若い頃引っ越してきたんです)ウィニペグ・バレーのことを知らなかった。なんということだ
e0170687_1654881.jpg

会場に着くと、綺麗に着飾った人たちでごった返してました。まるで、いもの子を洗うみたいです。
e0170687_16543253.jpg

↑プログラムをチェックしている、うちの相方。”バレーのことは、まるでわからないし”と、謙虚な態度です。
e0170687_16562230.jpg

開幕のベルがなって、いよいよ、バレーが始まります。

ロイヤル・ウィニペグは、1939年に設立。北米で最も歴史のあるバレエ団として、海外も含め年間150もの公演をこなしているそうです。創立70周年記念の新作『ムーラン・ルージュ』を発表したそうです。

この作品は、振り付けのジョーデン・モリス氏によるオリジナル・ストーリー。舞台は1880年代後半のパリ。ナイトクラブ『ムーラン・ルージュ』のダンサー、ナタリーと画家マシューのロマンス。公演中は、写真を撮るのを禁止されていたので、この↓3つの写真は、ウェブ上からお借りしてきました。(ちょっと小さめの写真です)
e0170687_1703046.gif

足を高く上げ、スカートの裾を振って踊るフレンチ・カンカンダンスも出てきます。
e0170687_1711484.gif

この↑の右側のダンサーは、日本の方なんですよ。三野洋祐さん。このバレーの中で、“トゥルース・ラトレック(Toulouse-Lautrec):<追記>ウェブとかでは、ラトレックになっていて、ケンもそう発音していたんですが、日本語表記では、ロートレックですよね”という、実在した画家の役を演じています。この↓が三野さん。
石川県金沢市出身。9歳でバレエを始め1998年、ロイヤル・ウィニペグ・バレエ学校プロフェッショナル部門に留学。1999年に卒業後は、子ども向けテレビ番組『ザ・トイ・キャッスル』などに出演。ボストン・バレエ団で1シーズンを過ごした後RWBに戻り、現在ソリストとして活躍中、だそうです。
e0170687_1732840.gif

他にも、日本人の女性ダンサー(江澤弥生さん)も舞台でセカンド・キャストを勤めていました。こういう風に、日本人ダンサーも海外で活躍しているんですね。

バレー、ムーラン・ルージュのストーリーは悲しい結末ですが、これは機会があったら、是非、見てみてくださいね。クラッシックのバレーに比べて、フレンチカンカンのシーンとか衣装が華やかなので、演出のほうでも楽しめますよ。
e0170687_1794429.jpg

ロイヤル・ウィニペグ・バレーの詳細は、こちらから(クリックしてみてみてね)。 ダンサーたちの立ち居振る舞いの美しさにうっとりとした晩でした。

e0170687_814473.gif

e0170687_824421.gif

気分はすっかりムーラン・ルージュ♪ お帰りの際は、ポチしてみて~。
こちらが、メイン=>にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村
こちらは、おまけ=>人気ブログランキングへ
Commented by 愛されている妻 at 2009-11-22 20:48 x
バレー、私もあまり詳しくないけれど。
日本でバレーで食べて行くのは難しいらしいの。
バレー人口はとても多くて、ローザンヌのコンクールにも日本語の案内板がでるほど出場者が多いのに!
でも世界に活躍の場を求めて出て行くのもいいことよね。
あと、バレーは割と古典が多くて踊る演目も限られるから、新作は見る方も踊る方も楽しそう♪
コンテンポラリーとかはチンプンカンプンだし(笑)。
お洒落してお出かけの素敵な夜、いいな〜♪♪
あぁ、私の頭の中でもフレンチ・カンカンのメロディーが〜!
Commented at 2009-11-22 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by midasjenny at 2009-11-23 01:21 x
モナちゃん、大変ご無沙汰していました。急遽決まったニューヨークの旅の準備や何やらで忙しくしていました。ニューヨークではあまり時間がなく、予定していた美術館巡りも結局The METだけ(でもそれが最高に良かったの。今回の旅行の一番のハイライトはメトロポリタンミュージアムでした)感動まだ覚めやらず。

ケンはウィニペグの出身だったの? ロイヤルウィニペグバレーって、以前勤めていたNortelがサポートしていて、彼らの活躍する姿を会報でよく見ていました。たまたまチケットが手に入ったのに、何かの野暮用で行けなかったのが今でも残念。日本人の方が活躍されているのって嬉しいわね。

それにしてもモナちゃんとケンの趣味の広さには感心させられます(憧)。
Commented at 2009-11-23 17:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by c.j. at 2009-11-25 08:03 x
バレエ小さい頃に少し習ってました。詳しい方ではないですけど、あの艶やかな世界好きです〜ロンドンに住んでた頃はオットと一緒に見に行ったりしました。カナダではまだ行ってませんけど、会場の雰囲気が好きですね〜ドレスアップしてちょこっとお酒を飲んだり(←結局、私はココ?)二人で楽しむことができるのは、とっても良いですね☆
Commented by miyanao117 at 2009-11-27 10:52
モナちゃんから、愛されている妻ちゃんへ~
そうか、日本でバレーで食べて行くのは難しいのね。あれほど、才能があるバレーダンサーがたくさんいるのに。だから、海外に進出するのね。こうやって、日本の人ががんばっているっていうのは、すばらしいことよね。バレーが、日本で生まれた伝統でないけど、それを消化して、いまは、芸術の域に高めているってことよね。
そうなの、このムーラン・ルージュは、コンテンポラリーだったので、映画と同じかと思うと、違ってたのよ。こういうお出かけできる夜って、うきうきするものだよね。

私の頭の中でも、フレンチ・カンカンのメロディーが、しばらく流れていたわ!
Commented by miyanao117 at 2009-11-27 10:53
モナちゃんから、<かぎこめJさんへ>
ありがとう、教えてくださって感謝です!!
Commented by miyanao117 at 2009-11-27 10:56
モナちゃんから、ジェニーちゃんへ~
ジェニーちゃん、こちらこそ、大変ご無沙汰していました。ジェニーちゃんのブログのNYの写真やら、クリスマスツリーやら、拝見しているけど、コメントする時間がなくて、あとでお邪魔するね。メトロポリタン~、わたしも行きたいなあ。ほんとに、NYでオペラとかクラッシックとかに浸りたいの、それが私の夢。
そうなのよ、ケンは生まれたのはウィニペグなのよ。で、バンクーバーに若いときに移ってきたの。このバレー・カンパニーがこれだけ有名だとは、わたしも知らなかったの。これで、すっかりファンになったので、今後は通ってみるつもり。毎年、ウィニペグ・バレーはバンクーバーにやってくるよ!
Commented by miyanao117 at 2009-11-27 10:57
モナちゃんから、<かぎこめC>ちゃんへ
ありがとう、心配してたのよ~。お元気でよかった。なにかあったのかと思ってました。あとで、ゆっくりメールするね。
Commented by miyanao117 at 2009-11-27 10:59
モナちゃんから、CJちゃんへ~
すごい、バレー習ってたの?わたしは、あのチャコットのバレーウェアに憧れてたの、若いとき。わたしは、体が硬くて、バレーとかできたらいいな、っていつも憧れてました。
そうよね、おしゃれして、カクテルとか飲むと最高だよね。♪ コンサートは、まめに行くほうなんだけど、クラシック・オペラだと、なおさら感動が深いです。
by MIYANAO117 | 2009-11-22 17:22 | 日常生活 | Comments(10)

バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーズと”ドタバタで、愛に溢れた”生活を送っています。兄猫:桃太郎は、2010年12月1日、弟猫:楓は2010年12月6日に我が家の一員になりました。


by Miyanao117
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31