初夏のバイク・ライド(@Science World to English Bay)

今日、家に帰ってきて、楓を探したのですが、どこに行ったか見当たりません。桃太郎なら、すぐに「ぷるるるっるるう」と鳴きながら出てくるのですが、楓はひっそりとしたまま。はっと気がついたところ、すました顔で座っていました。
e0170687_12194411.jpg

これは、玄関あたりの中二階で、楓の大好きな場所。
e0170687_12231031.jpg

おる、おる。涼しい顔で、下界の私たちを見下ろしていらっしゃいましたよ。
e0170687_12242739.jpg

桃太郎のほうは、とにかく「おなかがすいては、いくさにならない」タイプ。ぷるるるるっるぅぅと鳴きまくりながら、キッチンを徘徊していました。
e0170687_1226113.jpg

こういう上目使いで、「おなかがすいているんだ」というアピールをしまくっていました。

+++
以前から、主人には「バイク・ライドは、リハビリにいいよ」とずっと言われていました。フラットな道とか、エクササイズ・バイクなどは、足にあまり負担がかからず、足を動かすいい運動になるそうです。今週末は、天気がよかったので、「今週こそ」と、主人からプレッシャーを与えられていました、笑。
e0170687_12322496.jpg

キャンビ・ブリッジのたもとに車を停めて。今年の初夏にはいって、一番いい天気だったと思います。バイクに乗ったり、散歩したり、ローラー・ブレードをしている人たちで、大賑わいのフォールス・クリーク。
e0170687_1230342.jpg

家の主人に、バイクを下ろしてもらい、そこから、サイエンス・ワールド方面に向けて走ってみました。
e0170687_12395680.jpg

このキンキラと光る球状のものが、サイエンス・ワールド。プチ・科学博物館のようなもので、子供の学校の遠足とかにもよく使われている場所。
e0170687_12415678.jpg

サイエンス・ワールドを越えると、ダウンタウン側に渡ったことになります。そのまま、水際を走り続けると、向かい側にグランビル・アイランドが見えます。
e0170687_12433774.jpg

そのまま西に向かって、イングリッシュ・ベイのあたりまで走って、Uターンして戻ってきました。サイエンス・ワールドのベンチに座って、小休憩。ダウンタウンサイドに、シルク・ド・ソレイユのテントが見えます。少し前から、テントには気がついたのですが、シルクが公演をしていたのでしょうか。
e0170687_13173712.jpg

見るたびに王冠の形に似ているなと思う、BCプレース。こちらではカナフトの試合や、コンサートなどが開かれる場所。
e0170687_12475166.jpg

アイス・ホッケー、カナックスのベースであるロジャーズ・アリーナも見えます。1時間強のバイク・ライドでしたが、思い切り満喫!

バイクに乗ったのは、ほぼ2年ぶりくらい。風を受けて走っていると、「あ~、生きてる!」としみじみ感じられました。実は、バイクに乗る前は、「バイクなんかに乗れるかなあ」と、ちょっと自信がなかったのです。平坦な道で、かなりゆっくりと走る分(”おばちゃりの感覚”で、笑)には、問題なし。無理はできませんが、これからも、ちょこちょことエクササイズの機会を増やしたいなあ。緑を眺めながら、空を見上げながら、空気を吸い込んで、こういう瞬間が、生きていることを実感する時ですよね。

付き合ってくれた主人には、感謝。さんきゅー。

バンクーバー、ますます、初夏らしい日々が続いていってくれるといいんですが。


e0170687_814473.gif
e0170687_824421.gif いつも応援ありがとうございます♪ 1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。 今日も楽しんで頂けたら、応援クリックしていただけると励みになります! メインはこちらです=>にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村 こちらは、おまけにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ 地域情報(北アメリカ)ブログランキング
Commented by mikuri-nankuri at 2014-06-02 13:36
ニャンコも性格ってそれぞれですよね
同じようび育てたのに何でだろね(^_^;)www

ご主人の後ろ姿だけどイケメンぶりが発揮されてるわぁ~~(^◇^)
バイクライドは自転車の乗り方とは違うもんなのかなぁ~
自転車でさえ最後は何時乗ったか(^_^;)
まして乗れるのかぁ~私(>_<)な感じ
しかしビルが沢山ありそうだけど自然も満載なところなんですね♪
リハビリ?にはとっても環境が良さそうヽ(^。^)ノ

日本は暑すぎでしょってくらい暑いここ数日間です。
旦那曰く日本は丁度いい季節がなさすぎると文句言ってますわ(^_^;)私も同感だけどね
Commented by mabo89 at 2014-06-02 13:45
そうですよ~!自転車は有酸素運動にも良いし、ダイエットにも・・(爆)
何よりカナダの大自然の中をゆったりと自転車に乗り景色を楽しみながら
散策できるってメチャクチャ羨ましいですね!
それにそれがリハビリにもなって・・・・ってこれこそ本当に一石二鳥
ですね!でもまぁ無理せずにバイクライドを楽しんで下さいね!

それと楓ちゃんですよ!
写真で見る限りでは足場のなさそうなあの上の空間にどうやって登ったか?
が問題ですね!!多分足場が無いと言う事は爪でガリガリと2階に
上がったとしか考えられないですね!(爆)
そうだとすると多分壁が近い将来ズタズタに・・・(笑)
Commented by fariotyan at 2014-06-02 17:37
かっこいいバイク♪
私も最近オバチャリサイクリング楽しんでるけど
気持良いですよね~~まして、こんなに素敵な場所最高!!
リハビリには最高ですね^^楽しんで続けてくださいね~~

楓ちゃんどうやって登ったんだろう^^凄い!
おすまし顔が絵になる!
桃太郎くんの鳴き方可愛いんだろうな~ニャオニャオじゃないのね^^
うちもキャンちゃんが変わった鳴き方をする^^クルクル~ッ^^って(笑)
Commented by pinochiko at 2014-06-02 19:08
自転車とっても気持ち良さそう!普段、車しか乗らないので
いろんな景色を見落としている私です。また素敵なお店の発見なんかもあるかもしれませんね!楽しみながら続けてくださいね。
桃太郎君の首回りのもふもふが、威厳たっぷりでかっこいい!
Commented by Miyanao117 at 2014-06-04 14:01
Mikuri-Nankuriさんへ~
そうそう、我が家の猫ず、まるで、違うんですよ。性格も外見も。でも、兄弟のように育てたんだけどなあ。

うちの主人、後ろからとったんで、ごまかしています、笑。

わたしは、去年7月に、大手術をして、しばらく歩けなかったんで、今回のバイクのりは、結構画期的だったんですよ。バンクーバーは、自然に囲まれているので、Outdoorなことをするのに、行く場所が結構あります(ってことは、大都会でないってことでーす)。

日本は暑いみたいですね。30度超えたら、わたしなんて、生活できませんよー。すっかり毛穴が、白熊状態です、笑。

Commented by Miyanao117 at 2014-06-04 14:04
Maboさんへ~
そうか、ダイエットのことをすっかり忘れてた!リハビリのためには、初めてのバイクだったので、行く前は、ちょっと緊張していました。風を受けて走るのが、本当に気持ちよかったです。空気を吸い込みながら、周りの風景を眺めるだけで、かなりの感動ものでした。

楓、中二階には、階段から飛び乗れるらしい。ちなみに、足の短い桃太郎はできません(きみは、猫じゃないのか?)、大笑。楓のことを、桃太郎はうらやましそうに見ています。
Commented by Miyanao117 at 2014-06-04 14:06
ちゃおみままちゃんへ~
おばちゃりのようなスピードで、ゆっくり乗っているのですけど、たしかに、おばちゃり乗りができないので、両足をまたいでから、自転車のペダルに足をかける方式です、ちょっとダサいけど、仕方ないよねー。
これからは、週末ごとに、運動をしようと思います。

楓は、↑のMaboさんにも書いたんですけど、階段から、飛び上がって、お立ち台のような中二階に上れるの。かなり、済ました顔で、下界を眺めています。
Commented by Miyanao117 at 2014-06-04 14:08
Pinochikoさんへ~
車から見る景色と、ちゃりからみる景色って、違いますよね。普段みないようなポイントにも気がついたりするし。夏にかけては、チャリに乗るのは、いい運動にもなりますよね。

桃太郎のもふもふ、ますます、収集がつかなくなっていますよー。
by Miyanao117 | 2014-06-02 13:11 | 日常生活 | Comments(8)

バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーズと”ドタバタで、愛に溢れた”生活を送っています。兄猫:桃太郎は、2010年12月1日、弟猫:楓は2010年12月6日に我が家の一員になりました。


by Miyanao117
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30