バンクーバー、フレンチ・カントリー・スタイルのお洒落なおすすめカフェ

バンクーバーのカフェ巡り。お気に入りのカフェが見つかると、本当に嬉しいです。
本日も、とても好みのツボに入るカフェに、友人が連れて行ってくれました。

本日のカフェは、フレンチ・カントリー・スタイルのおしゃれなカフェ。外観からして、ちょいと目を引きます。

2014年の終わりにオープンしたカフェ&ベーカリー。Batard Bakery (バタール・ベーカリー)。
では、なぜ、バタール店が、おしゃれでお勧めできるカフェなのか、詳しく書いて見ます。

1 バタール・ベーカリーのおしゃれな外観

外観からして、オーナーの心意気を感じます。

  • 築100年の建物の中にあります。
  • 重厚感があり、ゴールドのお店のロゴと、ブラックの窓枠がピッタリとマッチしています。
  • 屋外席で、ウォーキングする人たちを眺めながら、フランス風パリモードを味わえる。

e0170687_14040818.jpg

2 バタール・ベーカリー店の名前の由来は、もちろんフランスパン


こちらは、バンクーバーで最初の職人パン屋(Ecco il Pane Bakery)の元オーナーのクリス・ブラウン氏が経営しているカフェ・ベーカリー。


お店の名前も、実はそこから来ています。フランスパンの中には、バケットやバタールが含まれます。こちらのお店では、ベーカリーで焼き上げたパンが有名です。もちろん、お店で食べることもできます。


フランスパンの種類の一口メモ


一概にフランスパンと言っても、長さと重さによって、名称が変わるという事、ご存知ですか?


バケット:長さ60〜80cm、重さ300〜400gくらいの、細長いフランスパンのこと。


バタール:長さ30〜40cm、重さ300gくらいの、やや太いパンのこと。バタールというのは、フランス語で「中間」という意味があるんだそうです。これは、、バケットとパリジャンという70cm、500g前後の長く太いフランスパン。パリジャンと、バケットの中間くらいという意味なんだそうです。

パリジャン:長さ70cm、500gくらいの、長く太いフランスパン。

パリジャンと、バケットの中間くらいという事で、こちらの「バタール・ベーカリー」の名前の由来だったのですね。

その名に違う事なく、ベーカリーの香ばしい香りが店内に広がります。



3 バタール店ならではの、種類がたくさんある軽食メニュー


こちら、カフェだけでなく、軽食にいろいろなチョイスがあります。


トースト、日替わりスープ(スープとトーストのセットあり)、キッシュ、サンドイッチ、シェアできるプレート。メニューへのリンクは、こちらから(⭐️)。


(1)サンドイッチの中には、ブレックファストセット、アボカドトースト等の人気メニューがあります。一度トライしてみたいと思うのが、↓の「アボカド・トースト」。



(2シェアプレート

シェアプレートには、インスタ向けの写真が撮れそうな、色とりどりの食材が乗ってくるメニューです:

1 オリーブ添えのフマス・プレート(Hummus Plate with Olives)

X.V. Olive Oil and Caramelized Garlic, with Our Toast Selection 6.95


2 ハウスメイドのクルトン・ベーコン添えのゴートチーズプレート(Chèvre en Croute)

Crumb Crusted Goat Cheese & Lardons, with Seasonal Green Salad & House Made Croutons 8.95


3 サーモンキャビア、オニオン・ケーパーのピクルス、ハウストースト添え、スモークサーモンプレート(‘Finest at Sea’ ”フィットネス・アット・シー”)

Cold Smoked Sockeye Salmon, Salmon Paté, Egg with Salmon Caviar, Pickled Onion & Capers. House Toast Selection 12.95


(3)スイーツ

女子なら、思わず歓声をあげてしまいそうなスイーツたち。

スイーツは、↓のようにひたすら美しい。



4 バタール店には、パリのお店のような、食材やクッキングウェアが売られている


食材やクッキングウェアとか、色々とお店に陳列されています。陳列されたものが、インテリアの一部になっている。パリとかで、こういう雰囲気のお店とかの雰囲気があるんでしょうね。ちょっと空間移動した感じがします。


e0170687_14061748.jpg

私はハーブティを頼みましたが、友人はしっかりと甘物をオーダーしておった、笑。美味しそうで、目の毒でした。食べたいーっ。食事制限をしている私は、涙を飲んで、甘物は避けたのでした。


5 バタール・ベーカリーの店内の様子


お店は2エリアに分かれていて、↖️は絵画などが飾られているエリア。落ち着いた雰囲気の中でコーヒー・ティを楽しむことができます。



6 バタール店へのアクセス・住所・電話番号・営業時間


フレーザーストリートのEast 23thと24thの間にあります。


ダウンタウンからいらっしゃる場合は、8番『Fraser(フレーザー)」バスに乗るか、スカイトレインのカナダラインで「KIng Edward(キング・エドワード)」下車後、東に向かう25番「Brentwood Staion (ブレントウッド・ステーション)」のバスを利用してください。


Batard Bakery
UTR: http://batardbakery.com
営業時間:月曜日〜日曜日 7:30am~6:00pm
住所:3958 Fraser St, Vancouver, BC V5V 4E4



+++
本日の猫ず。

e0170687_14430456.jpg


アンモニャイト。


++++
よろしかったら、フォローしてくださいませ♪
=> Miyanao117_2015のインスタ(インスタ超初心者なので、少しずつ、写真をアップしていっています)。
e0170687_10112540.gif

==>My ROOM(Miyanao117の Room) (私の愛用品・お気に入りグッズたちが載っています)。




e0170687_814473.gif
e0170687_824421.gif いつも応援ありがとうございます♪ 1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。 今日も楽しんで頂けたら、応援クリックしていただけると励みになります! にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

こちらは、おまけにほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

Commented by mabo89 at 2018-04-20 00:41
猫ずが仲良くしてるのを見てると、猫じゃらしで
ちょっかいを掛けたくなりますね?爆
楓の丸みのある暖かそうな背中を後ろからナデナデ
したいです〜❗️笑
by Miyanao117 | 2018-04-19 14:43 | 日常生活 | Comments(1)

バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバーを満喫中。兄猫:桃太郎は、2010年12月1日、弟猫:楓は2010年12月6日に我が家の一員になりました。【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。【地球の歩き方・特派員ブログ】:https://tokuhain.arukikata.co.jp/vancouver2/


by Miyanao117
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31